美麗女将・美恵 小料理屋の慕情 ~喪服妻 第二巻~ ver.2

詳細を読む▼

夫を亡くして、一年。 美人女将・美恵は娘・亜里沙を育てながら板前の耕治と共に、小料理屋を切り盛りしていた。 夜になると1人部屋の中、夫を思い出しながら股間をまさぐり熱を慰める毎日。 そんな中、娘の亜里沙はずっと慕っていた耕治と結ばれることになる。 母親に似た豊満な身体に対し、まだまだ幼い心は羞恥に震える。 しかし、すぐにそれは歓喜に代わり甘い声を上げ始めた…。 だが、結ばれた後も亜里沙の心には一つの懸念があった。 耕治と何度も体を重ね、奉仕しても消えない不安。 そして、ついに亜里沙は母親が耕治を呼びながら自分を慰めているところに遭遇してしまう。 その時、亜里沙は覚悟を決めた。 「お母さん、寂しいんだって…。」 「私はいいよ、お母さんと一緒でも。」 肉欲の宴が、今幕を開ける…。 ■あらすじ■ 「お母さん、もっとイキたいよね!」 「お母さん、耕治さんのことを考えて、一人エッチしてたんだよ」 未亡人・美恵は娘・亜里沙を養育しながら小料理屋を経営している。 小さな店で3人が仲睦まじく暮らしている。 板前の耕治は美人女将に慕情を寄せていた。 美恵は豊満な肉体を持て余し、自慰行為にふける。 亜里沙は耕治に好意を寄せ、肉体関係へと発展させてしまう。 3人の慕情は交錯し、いつしか肉欲の園に足を踏み入れてしまった。 「耕治さん、これからは3人で、いっぱいエッチなことしようね…。」
再生時間
27:07
シリーズ
喪服妻
h_825mgod00065jp-13
タグ

美麗女将・美恵 小料理屋の慕情 ~喪服妻 第二巻~ ver.2の動画

原作、関連作品

喪服妻 「許してアナタ…私、弱い未亡人です」 

本山での厳しい修行を無事に終えた一人の僧、「想念」。彼の胸には大きな(?)野望が燃え盛っていた。「悲しみに暮れる美しい未亡人達を拙僧の御神棒で癒してしんぜよう」山を降りた後、実家である寺の跡を継いだ想念は、表向き人のいい住職として檀家の人間と接しつつ機会を伺っていた。…そして、いよいよ、計画を実行に移す時がやってきた。夫を事故で亡くした美しい未亡人が現れたのだ。想念は「これ幸い」と通夜の晩、親身になって慰める振りをし、言葉巧みに未亡人を篭絡するのであった…。

  • 7月24日 

検索

人気エロアニメ

  • 今日
  • 今週
  • 先週
  • 先月

50音

再生時間